スポンサーサイト

Posted by ウッシー on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1×3=?  ビエジタ ハイブリッドF1

Posted by ウッシー on   24 comments   0 trackback

ひそかに実験は続いています、ビエジタV1とV3のハイブリッド

2腹とったので 生後9-11ヶ月です
♂種親はV1WILD
♀親種はV3WILD

良い体形のFもまともにとれない私ですが、このかけ合わせ気になるので継続しています
水槽も限られているので、残せる個体の体形がなんとか許せる範囲と平均的な特徴のある個体を残しました
そうは言っても気が付くとあれれ、♂が少ない・・・


初めに種親です
130604 (9)
♂V1 WILD 2013年6月だったかな、この時は独特の赤色にときめいた

20140203 (5)
夏を過ぎるとあの綺麗な個体は色が抜けこんな感じに・・・戻ってくれません(泪)

130527 (50)
♂V3 WILD 2013年6月 白くて地味なアピストと言われているが、地味ではないよね。

140103 (6)
けんけんさんから譲っていただきました♀V1 WILD 2013年
かわいい唇に大きな目、締まったボディです(笑)

131221 (2)
♀V3 WILD 2013年6月
小顔でつるっとした鱗感?シャープな体に顎からお尻までの黒い縫い目が魅力的(笑)
ラテラルバンドの飛び具合がまたよい

131221 (6)
V3♀の特徴的な髭、薄いタイプ




てなわけて、行きずりの××から生まれた子たちです
   (写真は数回に分けて撮影、出来る限り、見たままの色の表現に近い写真を乗せているつもりです、撮影設定も若干違いますが意図するところを見て頂ければと思います)


♂個体
20141118 (1)
腹ビレは太くV3のレモンイエローがでている、V1の赤はみられない

20141119 (8)
若干白っぽく、肩頭のオリーブ色がでているかな


♀個体
20141112 (1)
婚姻色が少し出ているときの写真 V3の♀体形が出ているとおもう

20141117 (13)
頭はこんな感じやはりV3より

20141119 (3)
婚姻色が強く出ているとき

20141119 (6)
20141119 (5)
見えずらいが髭がにている

見てとれるのは♂個体から感じられることはV1ベースにV3の色彩が表現されている
♀の体形体色・・・ともV3のかなり近い表現となったように思う
せっかくなので各種のF1個体が取れたのでくらべてみる。体形はご勘弁(汗)

20141119 (12)
同♂親からのV1 F1個体上手く写真をとらせてもらえなかったけどV1でしょ

20141119 (9)
同♂親からのV3 F1個体、ドボン水槽の子だけど比較個体として

20141118 (1)
今回のハイブリッド♂個体

どうだろうか、個人的には好みの感じでミックスできていると思う、よくを言えばV1の赤が表現されて欲しかった
あとはこの種の特徴的な問題がのしかかる
たぶん、色が消えてしまうのだ、産卵をして体形の良いFが取れたとするコンディション下においても色彩の発色は=ではなく、2枚目の写真V1親♂個体のようにあるとき消えてしまったりする。また、このF1個体をみて分かるようにこのサイズになっているのに、親の特徴的なすばらしい色彩には遠く及ばない(泪)
うまく育てられなかったっと言えばそれまでなのですが、それだけではないと感じます
この問題を解決しない限りこの実験から見出される本当の答えは見えてこないのかもしれない・・・

ま、その前に偶然にも別々の種から生まれた子供はF3で消滅すると言う記事もどこかで読んだこともあるし
F3までは続けてみようかなと思います。でも専用の水槽を立ち上げないと進まないんだよな(泪)
しかも、別に今年良いネタを手に入れたのでそちらの方も同時に進めたい・・・
・・・水槽たりない(汗)


よろしければポチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

エクボの~♪秘密あげたいわ~♪(´ε` )って

Posted by ウッシー on   24 comments   0 trackback

とつぜん聖子ちゃんの歌が頭によぎってしまいました(笑)
口ずさむと上手く歌えない自分(泪)

エリスルラの経過報告です~
本当は、もっと複数を育ててからにしたいのですが、も少し時間がかかるので
ちょこっとだけ報告します



140105 (3)
今回の子たちはF1♀×WILD♂のF2個体から、大きい子3.0cm~3.5cmのビッグ4です
群を抜いて色が出ている子は1apのみ、威張れないためか他の子は色が出てこない


140105 (8)
ちょこっと見えるでしょ

140105 (1)
あるような無いような・・も少し時間が必要かも?

140105 (9)
大きい子、良く見えないので捕まえちゃいました
成長とともに増えてくれれば最高なんだけどね( ̄▽+ ̄*)

このまえの懺悔の会の時taketatuさんがエクボは劣性かもしれないと言っていたのが気がかりで、ちょっとメンデルの法則を・・・良く思い出さないな(汗)エンドウマメの実験で優性劣性が・・・(;一_一)

ちょっと調べてみました、生物の形質のちがいは遺伝因子によって決定されていますが、交雑により生まれた第一代(F1)には、優性形質だけがあらわれ、劣性形質は潜在(遺伝されているが表現されない)、これを優性の法則といいます。次に、第二代(F2)には優性形質をあらわす個体と、劣性形質をあらわす個体が分離する分離の法則。状態と、それぞれの形質が無関係に遺伝することを独立の法則という3つの法則があります。
たとえばアピストで、赤い父親と赤エクボの母親を交配させた場合、父親の赤い色が優性だった場合には子供たちは全て赤い色のアピストが出現、このF2の同士を掛け合わせた場合には4分の3が赤色、4分の1が赤エクボが出現することになります、あくまでも純系の場合です。

アピストを交配させる時に使う個体は、純系と呼ばれるような系統がはっきりしている個体ではないので、予測とは違う結果になってしまいます、法則に反して劣性の形質に当てはめた表現がF1で現れた場合は、仮にあてはめた形質が劣性の形質ではなかったか、その親アピストは純系ではなかったという事になります
当然ワイルドアピストは純系ではない事の方が前提になってしまうので単純に法則にはあてはまらないと言う事でしょう・・・
また、一つの方法として優性・分離の法則をあてはめて劣性の遺伝子を持っているか不明なアピストに対して、すでに劣性形質を表現しているアピストを交配させる事により判断できるみたいです
遺伝子構成の不明なアピストをA?を、劣性形質を表現しているアピストをaaとして交配、この結果もしF1で優性形質のアピストばかり生まれてくるのであれば優性の法則によりA?は優性のホモAAと言う事になり、逆にF1に劣性形質を表現するアピストが生まれてくれば分離の法則によりA?はヘテロのAaであることになる、理論上・・・


う~ん、いったいどれだけの個体を育て上げ、交配を繰り返さないといけないのか、純系ってどうやって作出すればいいのか?私にはむずかしすぎます、こんな事をかじっているとヤバいですね(逃)、もしかするとウィルヘルム個体は純系に近い、とてつもないのかも知れません。


まずは、良いFを育て上げないと話にならないですね


うん、普通?に行こう( ̄ー ̄)


よろしければポチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

やっと動き始めてくれました

Posted by ウッシー on   14 comments   0 trackback

八月が過ぎようとした頃、室内APA第1水槽がやっと動き出してくれました
この水槽では6月下旬ごろからコンディションが低迷、産卵はするものの浮上までいかず
7月下旬ごろ投入したエリザべ・ネグロは全然おとさた無しな状態がひたすら続いていました
そして先日の8月31日、水足しをしようとメンテの準備をしていた所、むむっ!
少し黄色に変身した♀さんを発見!!!
やっと来てくれました~


130831 (12)
ヤワウィーラ優先で繁殖を進めていたので、導入後9ヶ月の月日がすでに経過しています
♂♀とも十分なサイズです、


130831 (13)
昨日生んだんだろうか?
今日だったら、微妙な感じです、とりあえず♂も抜かずに放置~

130831 (15)
隣の調子が良さそうな水槽に移動したビンデンも同日に産卵してましたよ

130831 (14)
・・・ガクッこんな感じじゃ、7度目の産卵もダメかな(泪)

20130905234421d06_20130906130211798.jpg
グッピー様、お邪魔してます~
エリザベやばウィーラの子供達、とうとうネグロ系もやってしまいました
当然管理はグッピー主体で管理されてます、大きい子は5ヶ月、小さい子は4ヶ月ぐらい

130831 (7)
2センチぐらいです、大きい子2.5センチぐらいの子はほんのりボディに色が出てきてるので
もう少しでこの子も色がのって来るかな



よければ タッチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

野外水槽でハニーちゃんとM水槽でエッ!?

Posted by ウッシー on   14 comments   0 trackback

野外水槽でハニーちゃん繁殖計画は当初順調にことが運びバンバン生んでくれました

自然の偉大さをこの小さな水槽で感じることが出来ます


130804 (1)
コケ取りしてないのに意外とキレイな状態です、ホテイの力?

130804 (2)
投入後すぐに産卵してくれました、2-3日おきに生んでくれていました
そのたびに♀ちゃんは追い掛け回されてボロボロです、心配になるほどです
それでも産卵は定期的、バリバリのM子だな~
ホテイにはダニが増殖中
130804 (3)
130804 (4)
しっかりと♂くんがまっもってくれている証拠です
この子は3週間ぐらいです、たぶんブラインも食べると思いますが見たことは無いです
たぶんホテイに付着していたと思われる小さい水中生物が繁殖していて良いエサになっているのかもしれないです

130804 (5)
画像水面中央に生まれたての稚魚がいます、みえますか
この小さな子がここまで成長してくれていましたが、このあと♀が♂に追われる事無く平然と泳ぐ機会が増え
いつの間にか稚魚は見当たらなくなってしまいました(泪)
濾過システムのホテイがダニにやられて成長が止まってしまった事が原因で水質が悪化
もしくは、♀に食べられちゃった?
今、産卵はなしだし9月になるのでこの実験は来年に持越しとなりました
このまま終わるのはもったいないので2pのエリザベF子を入れときました(笑)


こちらはバルコニーハーレム水槽(笑)
F子2pとパパがM水槽でとんでもないことをしてくれましたwww
130804 (7)
分りますか?右側スポンジの下で産卵し浮上5日目ぐらい
手前中央流木の下で違う♀ちゃんが産卵してしまいました(汗)
間に挟まれて微妙に立場が無いパパは惨めなもんです・・・


130804 (8)
こんな狭い水槽でも同時産卵をこなしてしまうなんて
やはりアピストおもしろい、ペルではありえないな
このまま放置してどちらの♀ちゃんが奪い取るのか実験していた所、なんとはじめ産卵の稚魚を奪い取ったのは
パパでした、あげく♀ちゃんを★にしてしまい、口あんぐり、めん玉飛び出て危うくエロモナスに
掛かってしまいそうでした(笑)
いろいろ驚きます。


よければ タッチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

インカ50ベービーあれから3ヶ月、良いバクテリア水槽の恩恵

Posted by ウッシー on   6 comments   0 trackback

例の水槽で次の実験を継続していました、試検体はインカ50’のベービーたちです
今回も10apずつ3か所の水槽にて、良いバクテリア状態がどうアピの成長に影響を及ぼすのか
としたところの実験です

実験水槽1 高成長速度を記録しているグッピーNO.2水槽混泳(ビタエニの記録
実験水槽2 混泳75水槽 PH6.5
実験水槽3 混泳45水槽 PH4.5

インカ50’は2/12に産卵した子供たちです 、写真は5/25日に撮影記録したので浮上から3カ月ほどたった写真です、はじめは産卵水槽で2カ月間育成、その後各水槽へ振り分けました、そして約1カ月後の記録となります
実質1カ月間の成長差異を見比べます~1カ月ですよ(笑)




75混泳水槽
130525 (11)
パパと一緒です、まだまだチビですが生後3カ月と言えば順調なサイズではないでしょうか



130525 (10)
平均1.5センチぐらい
生後3カ月、カワイイさかりでございます



130525 (30)
順調に成長していてるようです



45混泳水槽
130525 (28)
一緒にタエニの子供たちもいますので、チラ見程度お願い致します(笑)



130525 (24)
この子たちも順調に成長していて大きさは75混泳水槽とほとんど変わらないようです




撮影はいつも75混泳水槽に浮かべて記録します

75混泳水槽
130525 (23)
いつもの様に75水槽で撮影です
おやおや-、ちょうど3つの水槽の子たち同時に写ってます、この子たちみんな同じ兄弟です(笑)



グッピーNO.2水槽混泳
130525 (1)
130525 (5)
みるみる成長してこの水槽だけ2.5-3.0cm・・・はやすぎる~
前回の実験では生後3ヶ月でスタートしてみましたが、今回は生後2ヶ月からの実験です
約1.2cmからスタート、して約1ヶ月でここまで大きくなってしまい、あまりの速さに
不安になり実験は終了、さすがに異常な速さに戸惑ってしまいました(◎_◎;)



130525 (9)
よー兄弟!


130620.jpg
この子は生後4ヶ月+10日経った現在一番大きな個体です(写真一枚目中央の子)
実験終了後は、グッピーNO.2水槽混泳の水槽バクテリアを元に立ち上げ中の水槽に入れていますが当然
成長は遅くさほど大きくはなっていません、ただ色彩は色濃くなってきましたので成長はしているようです
今後は、現在立ち上げている2基の育成水槽を低PH専用にして、・・・エリザベを実験

よろしければポチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。